お金欲しい掲示板

以前にちょろっとだけデート援した子がいて、名前はアオイちゃんと言う女子大生なんだけど、この前、町でばったり出くわしたわけ。そんなに町で見かけてわかるほど記憶に残る美少女と言うわけではなくて、口元にホクロが三つ並んでたの。二つ並んでいる子は芸能人含めてそこそこいるけど、三つは珍しいなあ、と思って。「黒い三連星だね」と言ったら、世代ギャップがあるのか全然通じなかったことは覚えている(笑)
で、通りをふらふらとひとりで歩いている女の子がいて、あれ?どこかで?と思って顔を確認したら、黒い三連星のアオイちゃんであることを思い出した。で、デート援はあくまでもビジネスだし、プライベートで声をかけるのもアレかなあ、と考えたのだけど、連れもいないようだったから「久しぶりだね」と声をかけたの。すると、アオイちゃんもおぼろげながらも僕を覚えていてくれて「あ、こんにちは」と挨拶してくれた。迷惑そうな素振りも見せていなかったから、お茶に誘ったらついてきてくれてうれしかったね。
掲示板でお金
ただ、カフェでお茶しながら気づいたのだけど、だいぶ痩せたようだった。頬なんかもげっそりしていた。話を聞くと「お金がなくてあんまり食べていない」と言っていた。デート援はやめたの?と聞くと、周りに変な噂を立てられて続けられなくなったそうだった。もともと学費のあてにデート援をしていたが、その収入源が断たれてしまって、食費を削って生きている、と言う何だか聞かなきゃよかったと言うハングリーな環境だった。
「今すぐお金を稼ぐ方法ないですかねー」と僕をじーっと見ている。うん、わかるんだ。アオイちゃんが僕に何を言わせたいかは容易に想像がつくんだ。今すぐお金を稼ぐ方法はアオイちゃんの目の前にある。
「デート援ってことにする?」と僕が言うと、「喜んでー!」とアオイちゃんの顔がパーっと輝いた。僕の経済事情も芳しいものではなかったが、僕も奮発、アオイちゃんも大サービスで、黒い三連星にキスができたからいいとしよう。まあ、僕も明日からの食費を削れば何とかなるさ。
フェラ割
プチ援交掲示板